読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

django備忘録9 Django Templates - Include, Inheritance, Blocks

参照サイト

try-django-1.8 というjustinさんのサイトを参考に学習を進めています。 https://www.youtube.com/watch?v=KsLHt3D_jsE

markdown記法の備忘録用のリンク Markdown記法 チートシート - Qiita

djangoのtemplates言語, includeを活用する

  • bootstrapのコピペした雛形の中から、navbarの部分をカット→navbar.htmlにペーストする。
  • base.html(navbarのコピペ元)に、
{% include 'navbar.html' %} 

と記載すると、navbar.htmlの内容を表示してくれる。

djangoのtemplates言語, blockを活用する

  • base.htmlを開く→'
    'をカット→home.html に貼り付ける
  • base.html のclass junbotronがあったところに、以下のような感じでblock文を挿入
    <div class="container">
    {% block content %}

    {% endblock %}

    </div> <!-- /container -->
  • home.htmlのうち、base.htmlのblockの箇所に表示させたい内容の箇所を、 ' {% block content %}' ' {% endblock %}' で挟む。

  • views.pyのrenderingのtemplatesを、"home.html"に変更する。

  • home.html の一番上に、{% extends "base.html" %} と挿入する。これにより、base.html をinheritanceできる!

  • ただし、base.htmlで ' {% block content %}'、' {% endblock %}'した範囲に、home.htmlで、' {% block content %}'、' {% endblock %}'した範囲が代入される感じになる。 ちょっとわかりづらいので、自分の中では、block content を一つの変数として、home.htmlのblockcontent が、base.htlml のblockcontentに代入されていると考えている。

  • 上記と同様に、'{% block junbotoron %}'、' {% endblock %}' などで、base.htmlに代入できる!

  • さらに同様に base.html

 {% block head_title %} {% endblock %}

home.html

{% block head_title %}Welcome | {% endblock %}

とかで、タイトルも変更できる。

{{ block.super }} について

多分、extends元の「親block」を引っ張ってこれる奴。

{% block jumbotron %}
{{ block.super }}
{% endblock %}

include と、blockを使って、base.htmlを分解していく

  • base.htmlのタグにある、bootstrapのcssの部分をカット→head_css.htmlとかいう名前でファイルを新規作成して、ペーストする。こんな感じ。

head_css.html

{% load staticfiles %}
<!-- Bootstrap core CSS -->
<!-- <link href="../../dist/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet"> -->
<link href="{% static 'css/bootstrap.min.css' %}" rel="stylesheet">
<!-- <img src="{% static "my_app/example.jpg" %}" alt="My image"/> -->

<!-- IE10 viewport hack for Surface/desktop Windows 8 bug -->
<!-- <link href="../../assets/css/ie10-viewport-bug-workaround.css" rel="stylesheet"> -->
<link href="{% static 'css/ie10-viewport-bug-workaround.css' %}" rel="stylesheet">

<!-- Custom styles for this template -->
<!-- <link href="navbar-static-top.css" rel="stylesheet"> -->
<link href="{% static 'css/navbar-static-top.css' %}" rel="stylesheet">

<!-- Just for debugging purposes. Don't actually copy these 2 lines! -->
<!--[if lt IE 9]><script src="../../assets/js/ie8-responsive-file-warning.js"></script><![endif]-->
<script src="../../assets/js/ie-emulation-modes-warning.js"></script>
<link href="{% static 'js/ie-emulation-modes-warning.js' %}" rel="stylesheet">

<!-- HTML5 shim and Respond.js for IE8 support of HTML5 elements and media queries -->
<!--[if lt IE 9]>
  <script src="https://oss.maxcdn.com/html5shiv/3.7.3/html5shiv.min.js"></script>
  <script src="https://oss.maxcdn.com/respond/1.4.2/respond.min.js"></script>
<![endif]-->

この時、link hrefにstatic関数を使っているので、{% load staticfiles %}を忘れない。

  • 次に、base.htmlのカットした部分に、{% include "head_css.html" %}を挿入 ここまでで、移管作業が一区切り

  • javascriptの部分も同様に、カット→新規ファイル javascript.html作成→{% include "javascript.html" %}

てな感じで、bootstrapも分解すると色々デザインとかに幅が出るというお話でした。