読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

django備忘録28 Using SSH with Webfaction

SSHを使ってwebfactionにデプロイの準備をする

  • webfaction にログインする。

  • http://ユーザー名.webfactional.com/ が割り当てられている。

  • DOMAINES/WEBSITES→Websites website の一覧が出てくる。

  • DOMAINES/WEBSITES→applications で、アプリ一覧が出てくる。 applicationsで、項目に従って新規作成する。 オプションなどにはチェックしない。

  • DATABASES databese で、POSTGRESQL を追加する。database名はわかりやすいように、appliと同じにしておく。 オプションなどにはチェックしない。

  • この時点で、settings/production.py に '#postgreSQL' user-- pass-- とかいう感じでメモしておく。

  • DOMAINES/WEBSITES→Websites website の有効なドメインと、applicationを関連付ける contents → すでに関連付けてあるappliがあったら削除して、関連付けしたいapplicationを選ぶ。

  • さらに、website/contentsに、staticようのアプリも作る。 category -- Static APptype -- Static Only URL -- /static/ を追加する

  • SSHで、ユーザー名@ドメイン(デフォだと、user名.webfactional.com) にアクセスする 'ssh ユーザー名@独自ドメイン.webfactional.com' これでsshでログインできる。

*ログインしたら、構成などが確認できる。 djangoとかはダウンロードされている状態らしい。 webserverは、apache2

[ ~]$ ls
bin  certificates  lib  logs  webapps
[~]$ cd webapps/
[webapps]$ ls
htdocs  mvpland  mvpland_static
[webapps]$ cd mvpland
[mvpland]$ ls
apache2  bin  lib  myproject
[mvpland]$ cd bin/
[bin]$ ls
django-admin  django-admin.py
[bin]$ cd..
-bash: cd..: コマンドが見つかりません
[bin]$ cd ..
[mvpland]$ cd apache2/
[apache2]$ ls
bin  conf  lib  logs  modules
[apache2]$ cd bin/
[bin]$ ls
httpd  httpd.worker  restart  start  stop
[bin]$ ./restart 
[bin]$ cd ..
[apache2]$ ls
bin  conf  lib  logs  modules
[apache2]$ cd ..
[mvpland]$ cd ls
-bash: cd: ls: そのようなファイルやディレクトリはありません
[mvpland]$ ls
apache2  bin  lib  myproject
[mvpland]$ cd myproject/
[myproject]$ ls
manage.py  myproject