読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

Django e-commerce part14 Product Variations

Product Variationのmodelを作る

Variationは、例えば、iphone7 16GB,32GBとか言うように、同じ商品で、別々のvariationがある場合 * products/models.py に、以下を追加する。

class Variation(models.Model):
    product = models.ForeignKey(Product)
    title = models.CharField(max_length=120)
    price = models.DecimalField(decimal_places=0, max_digits=20)
    active = models.BooleanField(default=True)
    inventory = models.IntegerField(null=True, blank=True)#refre none== unlimited amount

IntegerFIieldには、nagativeとpositiveがある。 多分、正の整数と、負の整数という意味だと思う。在庫はpositiveのため、特に設定しなければ、positiveになる。

  • さらに、Variationにmethodを追加していく
class Variation(models.Model):
    product = models.ForeignKey(Product)
    title = models.CharField(max_length=120)
    price = models.DecimalField(decimal_places=0, max_digits=20)
    sale_price = models.DecimalField(decimal_places=0, max_digits=20, null=True, blank=True)
    active = models.BooleanField(default=True)
    inventory = models.IntegerField(null=True, blank=True)#refre none== unlimited amount

    def __str__(self):
        return self.title

    def get_price(self):
        if self.sale_price is not None:
            return self.sale_price
        else:
            return self.price

    def get_absolute_url(self):
        return self.product.get_absolute_url()

get_priceは、sale_priceがある時に、sale_price, ない時は、priceを返すmethod

get_absolute_urlは、Productのget_absolute_urlをゲットするリスト。

  • product_detail.htmlに設定する。

product_detail.html

{% extends "base.html" %}

{% block content %}

{{ object.title }} 
{{ object.variation_set.all }}

{% endblock %}

{{ object.variation_set.all }}は、objectのforeignkeyが関連づけられているテーブルのVariationのquerysetを全部ゲットするという感じの意味。これだとcontextとかで渡さなくても、objectからメソッドで、よびだせる。

  • そのため、以下のような設定も可能。 optionvalueというのは、選択肢が出てくるtagの事
{% extends "base.html" %}

{% block content %}

{{ object.title }}
{{ object.id }}

<select class='form-control'>
{% for vari_obj in object.variation_set.all %}
<option value="{{ vari_obj.id }}">{{ vari_obj }}</option>
{% endfor %}
</select>
{% endblock %}
  • Variationは、最初なんで作るのかよくわからなかった。goalがわかっておくのは非常に大事だね。