読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

Django+Nginx+uWSGIをDocker Containerで動かす時の設定資料の読解

概要

Django+Nginx+uWSGIをDocker Containerで動かす時の設定資料の読解編。マジでよくわからんので、こういう時は写経に限る。

参考サイト

github.com

↑このDockerfile, nginx_app.conf, supervisor-app.conf, uwsgi-prams, uwsgi.ini を中心に読解していく。

全体像

全体像のイメージはこんな感じ。ちょっと違うかも?でも大体あってるはず!

f:id:riikku:20161113194531j:plain

Nginx_app.confの読解

# mysite_nginx.conf

'''
upstream=アップストリームとは、通信回線で、ネットワークの末端側(個々の利用者や端末、クライアントなど)から中心側(通信施設や集線装置、サーバなど)へ向かう方向
なので、今回は、djangoへ向かうように設定する。
app.sock という指定で、通信するsocketを指定できる。unix独自のシステムみたい。
なぜ、app.sockかというと、app以下にdjangoのファイルを設定するから
'''
upstream django {
    server unix:/home/docker/code/app.sock; # for a file socket
    # server 127.0.0.1:8001; # for a web port socket (we'll use this first)
    }

# configuration of the server
'''
severの設定をする。ここでドメインを指定しないと、ドメインがマッチしない!と言って、表示されないらしい。
listenについては、この記事が面白かったw
'''
server {
    # the port your site will be served on, default_server indicates that this server block
    # is the block to use if no blocks match the server_name
    # 80番ポートで、default_serverが聞き耳を立てているという状態のよう。
    listen      80 default_server;
    
    # the domain name it will serve for
    server_name .example.com; # substitute your machine's IP address or FQDN
    charset     utf-8;

    # max upload size
    client_max_body_size 75M;   # adjust to taste

    # Django media の場所を指定。これで、djangoではなく、nginxがstaticfileを扱うようになる。
    # S3のアドレスはここに指定するのかな。
    location /media  {
        alias /home/docker/persistent/media;  # your Django project's media files - amend as required
    }

 # Static media の場所を指定。これで、djangoではなく、nginxがstaticfileを扱うようになる。
 # S3のアドレスはここに指定するのかな。
    location /static {
        alias /home/docker/volatile/static; # your Django project's static files - amend as required
    }

    # Finally, send all non-media requests to the Django server.
    # 最後は、staticfile以外の全てのリクエストをdjango serverに送る。
 # uwsgi_params の設定に従って、uwsgiを経由してdjangoに送る。
    location / {
        uwsgi_pass  django;
        include     /home/docker/code/uwsgi_params; # the uwsgi_params file you installed
        }
    }

わかりづらい用語の解説

  • socket:nginxとuWSGIをつなぐ接続口みたいなもの。 正直いまだによくわからない。とりあえず、具体的な仕組みは不明。

  • server listen: server(今回の場合はnginx)が通信を聞く準備ができてる状態のようです。portを開くとはちょっと違うぽい。あくまでも聞く準備ができているという感じのようです。この記事が面白かったw

まあ、なんとなくわかったようなわからないような。。。

uwsgi.ini の読解

uWSGI で Django を使う方法 — Django 1.4 documentation

[uwsgi]
# this config will be loaded if nothing specific is specified
# load base config from below
ini = :base

# %d is the dir this configuration file is in
# %dは、このconfigファイルのある場所を表している。
socket = %dapp.sock
master = true
processes = 4

[dev]
ini = :base
# socket (uwsgi) is not the same as http, nor http-socket
socket = :8001


[local]
ini = :base
http = :8000
# set the virtual env to use
home=/Users/you/envs/env


[base]
# chdir to the folder of this config file, plus app/website
# chdir=チェンジディレクトリ
chdir = %dapp/
# load the module from wsgi.py, it is a python path from 
# the directory above.
module=website.wsgi:application
# allow anyone to connect to the socket. This is very permissive
chmod-socket=666

iniファイルは書式が全然わからん。。。。なんとなくの意味はわかるけど、ちょっと別の方法のようないい気がするな。

uwsgi_params の読解

uwsgi_param  QUERY_STRING       $query_string;
uwsgi_param  REQUEST_METHOD     $request_method;
uwsgi_param  CONTENT_TYPE       $content_type;
uwsgi_param  CONTENT_LENGTH     $content_length;

uwsgi_param  REQUEST_URI        $request_uri;
uwsgi_param  PATH_INFO          $document_uri;
uwsgi_param  DOCUMENT_ROOT      $document_root;
uwsgi_param  SERVER_PROTOCOL    $server_protocol;
uwsgi_param  HTTPS              $https if_not_empty;

uwsgi_param  REMOTE_ADDR        $remote_addr;
uwsgi_param  REMOTE_PORT        $remote_port;
uwsgi_param  SERVER_PORT        $server_port;
uwsgi_param  SERVER_NAME        $server_name;

全くわからんがこれはこのままで、設定する必要なしでいいぽい!ラッキー!

公式サイト参照:

Nginx support — uWSGI 2.0 documentation

supervisor-app.conf の読解

# uwsgi を実行 --iniオプションで、uwsgi.iniのpathを指定して初期化する。
[program:app-uwsgi]
command = /usr/local/bin/uwsgi --ini /home/docker/code/uwsgi.ini

# nginxを実行
[program:nginx-app]
command = /usr/sbin/nginx

Dockerfileを読解

FROM ubuntu:14.04

# Install required packages and remove the apt packages cache when done.

RUN apt-get update && apt-get install -y \
    git \
    python \
    python-dev \
    python-setuptools \
    nginx \
    supervisor \
    sqlite3 \
  && rm -rf /var/lib/apt/lists/*

RUN easy_install pip

# install uwsgi now because it takes a little while
RUN pip install uwsgi

# setup all the configfiles
# daemon off = daemonをoffにする事で、foregroundで実行するようになる。daemonだとコンテナが停止してしまうため。
RUN echo "daemon off;" >> /etc/nginx/nginx.conf

# nginx-app.confをコピーしてコンテナに配置する。
COPY nginx-app.conf /etc/nginx/sites-available/default

# supervisor-app.conf をコピーしてコンテナに配置する。
COPY supervisor-app.conf /etc/supervisor/conf.d/

# COPY requirements.txt and RUN pip install BEFORE adding the rest of your code, this will cause Docker's caching mechanism
# to prevent re-installinig (all your) dependencies when you made a change a line or two in your app. 
# 先にrequirements.txtだけコピーして、pip installする。

COPY app/requirements.txt /home/docker/code/app/
RUN pip install -r /home/docker/code/app/requirements.txt

# add (the rest of) our code
COPY . /home/docker/code/

# install django, normally you would remove this step because your project would already
# be installed in the code/app/ directory
RUN django-admin.py startproject website /home/docker/code/app/ 

# コンテナの80portを解放
EXPOSE 80

# supervisord -n のオプションは、foregroundで実行するオプションなので、すごく重要!
CMD ["supervisord", "-n"]
  • daemon off = デーモンをオフにする事で、foregroundで実行するようになる。 参照サイト:

nginxをdockerで動かす時のTips 3選 - インフラエンジニアway - Powered by HEARTBEATS

  • supervisord の解説

Running Supervisor — Supervisor 3.3.1 documentation

うーん、わかったようなわからないような〜、iniファイルだけはいまいち理解できないなぁ。