読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

AngularJS1.5に再挑戦 その5 Local Webserver for AngularJS and Javascript Apps

概要

AngularJS1.5に再挑戦 その5 URL Routing Part 1

参考動画・参考サイト

Coding for Entrepreneurs

AngularJS — Superheroic JavaScript MVW Framework

Local Webserver for AngularJS and Javascript Apps

  • 以下の動画で、local webserverを立ち上げる必要があるらしい。ruby のgemのrackを使うとのこと。

www.youtube.com

  • git hubの参照用ページはこちら。

Guides/angular_webserver.md at master · codingforentrepreneurs/Guides · GitHub

  • 色々必要なものをinstallする。
$ sudo gem install bundler
  • Gemfileというファイルを作成して、そこに以下のように、記述する。
source 'https://rubygems.org'
gem 'rack'
  • bundle installする。
$ bundle install
  • ここでerror発生!rack-2.0.1 requires ruby version >= 2.2.2, which is incompatible with the current version, ruby 2.0.0p648とのこと。なので、rubyを新しいものに変える。

  • rubyを以下の手順で変えてみる。

$ brew install ruby-build
$ brew install rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> .bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bash_profile
$ source .bash_profile
$ rbenv install 2.2.3
$ rbenv global 2.2.3
  • 再度、$ bundle install。。。。あーこれでもダメだな。どうもbundlerのrubyのversionが古いのかなぁ。。。とりあえず、bundlerを再度今のversionのrubyで、installしておく。あとsudoを外してinstallする。
$ gem install bundler
$ bundle install
  • できた〜〜!続いて、config.ru というファイルを作成し、以下のコードをコピペする。
use Rack::Static,
  :urls => ["/images", "/js", "/css", "/templates"],
  :root => "src"

run lambda { |env|
  [
    200,
    {
      'Content-Type'  => 'text/html',
      'Cache-Control' => 'public, max-age=86400'
    },
    File.open('src/index.html', File::RDONLY)
  ]
}
  • $ rackup をターミナルで実行する。。。うまくいったぽいので、http://localhost:9292/にアクセスする。(多分ポートは毎回変わるのか?)

  • よし、とりあえず、できた。