読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

Angular4入門_Vol.4

参考サイト

https://www.codingforentrepreneurs.com/projects/try-angular-v4/

Dynamic Routing of Components

  • video-detail.component.tsにコードを追記する。
import { Component, OnInit } from '@angular/core';
import { ActivatedRoute } from '@angular/router';

@Component({
  selector: 'video-detail',
  templateUrl: './video-detail.component.html',
  styleUrls: ['./video-detail.component.css']
})
export class VideoDetailComponent implements OnInit {

  constructor(private route: ActivatedRoute) { } // instanceが作成されたときに自動でrouteのアノテーションを実行するぽい。

  ngOnInit() {
    this.route.params.subscribe(params => {
      console.log(params) //subscribeは、変更があったときに、その変更を受取るメソッドのこと?なんであんまり解説がないんだろう。。。
    })
    // 上記のarrow関数は、以下と同じ意味
    // this.route.params.subscribe(function(params){
    //  console.log(params)
    //})
  }

}
  • video-list.component.html の、href部分を修正する。
<p>
  {{ title }}
</p>

<p *ngFor='let item of videoList'>
  <a href="videos/{{ item.slug }}" *ngIf='item.slug == "item-1"'>{{ item.name }}</a>
  <a href="videos/{{ item.slug }}" *ngIf='item.slug != "item-1"' style='color:red;'>{{ item.name }}</a>
</p>
  • 無事routingが機能した!console.logにparams objectも表示された。

  • video-detail.component.tsにさらにコードを追記する。subscribeの解放と、slug変数の設定をする。

import { Component, OnInit, OnDestroy } from '@angular/core';
import { ActivatedRoute } from '@angular/router';

@Component({
  selector: 'video-detail',
  templateUrl: './video-detail.component.html',
  styleUrls: ['./video-detail.component.css']
})
export class VideoDetailComponent implements OnInit, OnDestroy {
  private routeSub:any; //routeSub 変数をany で作成する
  slug: string; // slugをstringとして定義する。
  constructor(private route: ActivatedRoute) { }

  ngOnInit() { // データバインドされた入力値を初期化後に実行される。
    this.routeSub = this.route.params.subscribe(params => {
      console.log(params)
      this.slug = params['slug'] //this.slugに、paramsオブジェクトのslug のvalueを代入する。
    })
  }
  ngOnDestroy(){ //ngOnDestroyは、ディレクティブ・コンポーネントを破棄する前に呼ばれる。
    this.routeSub.unsubscribe() //routeSubのsubscribeを解除する。unsubscribe
  }

}
  • video-detail.component.htmlに追記する。
<p>
  {{ slug }} video-detail works!
</p>

まとめ

  • subscribeがふわっとしてる。subscribeは3つの引数を取り、subscribe(success, error, complete)とのことらしいので、ここでは、successのときの処理を書いたという感じか。subscribeは、特定のurlにアクセスして、その時の結果に応じて処理を変更できるということにしておくか。

  • unsubscribeは、subscribeを解除するために設定するらしい。メモリーを開放するとかそういう意味があるぽい。

  • ngOnInit, ngOnDestroyなどのライフサイクルはなんとなくしか理解してないので、ここを理解するのは重要かもしれんな。。。

  • privateと、publicの違いもよくわからんけど、たぶん、外に表示しないものは、privateで、それ以外はpublicというざっくりした認識でいいのかな。