読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Djangoroidの奮闘記

python,django,angularJS1~三十路過ぎたプログラマーの奮闘記

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その6 Create Comment in Backend with $http

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その6 Create Comment in Backend with $http

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Create Comment in Backend with $http

  • $httpを使って、バックエンドで、コメント作成機能を実装する。

  • blog-detail.component.jsに、commentsの中身をscopeに渡すように設定する。

Post.get({"slug": $routeParams.slug}, function(data){
                $scope.post = data
                $scope.comments = data.comments
            })
  • blog-detail.htmlのcommentsの箇所を修正する。
<h3>Comments</h3>
<div class='row' ng-show='comments.length > 0'>
    <div class='col-sm-6'>
        <input class='form-control' type='text' ng-model='query' placeholder='Filter Comments' /> <br/>
    </div>
</div>
<ul ng-show='comments.length > 0'>
    <li ng-repeat='comment in comments | filter: query'>
            {{ comment.content }} <a href='#' class='btn btn-sm btn-default' confirm-click='Do you want to delete this?' confirmed-click='deleteComment(comment)'>X</a>
    </li>
</ul>
  • blog-detail.component.jsに、$cookiesを継承するように設定しておく。
controller: function(Post, $cookies, $http, $location, $routeParams, $scope){
// "Authorization: JWT"   '{"content":"some reply to another try"}' 'http://127.0.0.1:8000/api/comments/create/?slug=new-title&type=post&parent_id=13'
  • addReply functionにコメント作成機能の実装していく。slugは $routeParams.slugで、持ってくる。
...
var slug = $routeParams.slug
            Post.get({"slug": slug}, function(data){
...
$scope.addReply = function() {
                console.log($scope.reply)
                var req = {
                    url: 'http://127.0.0.1:8000/api/comments/create/?slug=' + slug + '&type=post'
                    data:{
                        content: $scope.reply.content
                    }
                }
                $scope.comments.push($scope.reply)
                // $scope.post.comments.push("abc")
                resetReply()
            }
  • tokenの有無でコメントできるかできないかを変更する。
$scope.addReply = function() {
                console.log($scope.reply)
                var token = $cookies.get("token")
                if (token){
                    var req = {
                        method: "POST",
                        url: 'http://127.0.0.1:8000/api/comments/create/?slug=' + slug + '&type=post',
                        data:{
                            content: $scope.reply.content
                        },
                        headers:{
                            authorization: "JWT " + token
                        }
                    }

                    $scope.comments.push($scope.reply)
                    // $scope.post.comments.push("abc")
                    resetReply()
                } else {
                    console.log("no token")
                }
            }
  • $httpを利用して、tokenがある場合のreqの情報を送付する。
var requestAction = $http(req)

                    requestAction.success(function(r_data, r_status, r_headers, r_config){
                        $scope.comments.push($scope.reply)
                    })
                    requestAction.errors(function(e_data,e_status, e_headers, e_config){
                        console.log(e_data)
                    })
  • resetReply()functionは、requestAction.successの場合に組み込む。

  • また、resetReply functionの内容も、text->contentに変更する。

function resetReply(){
              $scope.reply = {
                          "id": $scope.comments.length + 1,
                          "content": "",
              }
            }
  • これでcommentを作成してみる。。。error!どうも、requestAction.errorsではなく、requestAction.errorが正解らしい。それを修正して試してみる。。。できた!

  • けど、tokenの期限が切れている場合はうまくいかないらしい。これは後で対応するとのこと。

  • comment delete機能も使ってみる。。。表面上は消えたように見えるが、ページを更新するとまた表示されてしまう。これを解消するには、結構難しい処理が必要らしい。

  • 今回もなかなかヘビーだった。

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その6 ngCookies for JWT Token

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その6 ngCookies for JWT Token

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

ngCookies for JWT Token

  • 前回の続きで、今回は、JWT によって発行されたtokenを使って、angularJSからのログインを実装する。

  • その為には、ngCookiesというライブラリ?を利用する。

公式サイト:

https://docs.angularjs.org/api/ngCookies

  • これを利用するには、home.htmlで、読み込む必要あり!
<script src='https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/angularjs/1.5.8/angular-cookies.js'></script>
  • さらにapp.module.jsにいつものように追記する。
'ngCookies',
  • login-detai.component.jsに追記する。
...
controller: function(
                $cookies,
...
  • いよいよtokenをcookieのputメソッドを利用して、入力してみる。
requestAction.success(function(r_data, r_status, r_headers, r_config){
                    console.log(r_data) //tokenをゲットできる。
                    $cookies.put("token", r_data.token) // r_data.tokenを"token"としてcookieに送付できる。
                })
  • さらに、var tokenExists = $cookies.get("token")で、入力したtokenをtokenExistsに代入する。

  • tokenExistsがある場合だけ、loginができるような下準備をする。

var tokenExists = $cookies.get("token")
            if (tokenExists) {
                // verify token
                $scope.loggedIn = true;
            }
  • cookiesにusernameも渡すようにしておく。あとあと使うのかな?
requestAction.success(function(r_data, r_status, r_headers, r_config){
                    // console.log(r_data) //tokenをゲットできる。
                    $cookies.put("token", r_data.token) // r_data.tokenを"token"としてcookieに送付できる。
                    $cookies.put("username", user.username) // usernameもcookiesに入れておく。なぜだ?
                })
  • これでログインしてみる。。。特に何も起きない。。。なぜだ。

  • cookieにはちゃんと渡せているか、blog-list.component.jsを使って実験してみる。

controller: function(Post, $cookies, $location, $routeParams, $rootScope, $scope){
            // console.log($location.search())
            console.log($cookies.get("username"))
            console.log($cookies.get("token"))
  • OK!ちゃんと表示されている!

  • navbarにログインボタンを表示させたいので、try-nav.htmlに追記する。

<li><a ng-href="/login" ng-hide='userLoggedIn'>Login</a></li>
  • さらに、try-nav.directive.jsにuserLoggedInの条件分岐を追記する。
scope.userLoggedIn = false
            var token = $cookies.get("token")
            console.log(token)
            if (token) {
                scope.userLoggedIn = true
            }
  • これで、tokenがあるときは、userLoggedInがtrueになり、結果的に、loginしているときは、loginボタンが表示されないようになる。

  • tokenは、最低限の仕事を終えたら、cookieから削除するため、以下の通り、tokenを削除するコードをlogin-detail.component.javascriptに追記する。usernameは、cokkiesからゲットして、scope.userの辞書に加えておく。

var tokenExists = $cookies.get("token")
            if (tokenExists) {
                // verify token
                $scope.loggedIn = true;
                $cookies.remove("token")
                $scope.user = {
                    username: $cookies.get("username")
                }
            }
  • ログインに成功したとき用のlocationも追記しておく。
requestAction.success(function(r_data, r_status, r_headers, r_config){
...
                    $location.path("/")
...
                })
  • おー、ログインに成功したらトップ画面が表示されるようになった〜!

  • ただ現状では、loginボタンがうまく消えない。ので、try-nav.directive.jsを修正する。$watchを使う。$watchは、対象の関数、変数などが変化したときに監視して、処理してくれる便利なメソドぽい。

scope.userLoggedIn = false
            scope.$watch(function(){
                var token = $cookies.get("token")
                // console.log(token)
                if (token) {
                    scope.userLoggedIn = true
                } else {
                    scope.userLoggedIn = false
                }
            })
  • オーー、ログインしたら消えた〜!

  • ログアウトボタンも<li><a ng-href="/logout" ng-show='userLoggedIn'>Logout</a></li>で作成してみる。loginの時と逆で、userLoggedInが、trueの時に現れる。loginの時にtokenが削除されているので、logoutをクリックすると、userloggedinが、falseになる。

  • さらに、app.config.jsにroutingを追記する。logoutにアクセスしたときは、自動で、loginにredirectするように設定する。

              when("/logout", {
                  // template: "<login-detail></login-detail>"
                  redirectTo: '/login'
              }).
  • user情報をDRFに渡す->tokenを取得する->tokenをcookieに代入する->ログイン認証するという一連の流れでapiは認証するのか。

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その5 Login with Angular & Django Rest Framework

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その5 Login with Angular & Django Rest Framework

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Login with Angular & Django Rest Framework

  • Json Web TokenというDRFの仕組みを利用して、ログイン画面を作成する。

参照サイト:

Django で API のトークンベースの認証を JWT で行なう - Qiita

  • まず、src/static/js/login-detai.module.jsを作成する。
'use strict';

angular.module('loginDetail', []);
  • 次に, src/static/js/login-detail.component.jsを作成する。これは、他のangularのコードからコピペしてくる。
'use strict';

angular.module('loginDetail').
    component('loginDetail', {
        templateUrl: '/api/templates/login-detail.html',
        controller: function(Post, $location, $routeParams, $rootScope, $scope){

        }
})
  • さらに、login-detail.component.jsにコードを書いていく。
'use strict';

angular.module('loginDetail').
    component('loginDetail', {
        templateUrl: '/api/templates/login-detail.html',
        controller: function(Post, $location, $routeParams, $rootScope, $scope){
            var loginUrl = '/api/auth/token/' //http://127.0.0.1:8000/api/auth/token/にアクセスする。
            $scope.user = {

            } // scope.userで、userを指定する。
            $scope.doLogin = function(user){
                console.log(user)
            } // これでloginを実行する関数を作成する。
            // $http.post()

        }
})
  • ここで一旦テストをしたいので、home.htmlにlogin-detailのファイルを読み込ませる。
<script src='{% static "js/app/login-detail/login-detail.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/login-detail/login-detail.component.js" %}' ></script>
  • さらに、app.module.jsに追記する。
'use strict';

angular.module('try', [
    // external
    'angularUtils.directives.dirPagination',
    'ngResource',
    'ngRoute',
    'ui.bootstrap',
    // internal
    'blogDetail',
    'blogList',
    'confirmClick',
    'loginDetail',
    'tryNav',
]);
  • app.config.jsにログイン画面のurlとtemplateを追記する。
  when("/login", {
                  template: "<login-detail></login-detail>"
              }).  
  • login-detail.component.jsで指定した、templateUrl: '/api/templates/login-detail.html',を作成する。
<div class='col-sm-6 col-sm-offset-3'>
    <form ng-submit='doLogin(user)'>
    <input type='text' ng-model='user.username' class='form-control'>
    <input type='password' ng-model='user.password' class='form-control'>
    <input type='submit' value='Login' class='btn btn-default' />
</form>
  • ここまで設定したら、http://127.0.0.1:8000/loginにアクセスすると、ログインフォームが表示されるようになる!

  • ng-model=userの値を、doLogin(user)のuserに代入して、doLoginのfunctionを実行することになると思われる。

  • userと、passwordを入れて送信ボタンを押すと、doLoginファンクションが起動して、console.logに、password: "****"username: "****"という形で、表示されることがわかる。

  • doLogin(user)functionに追記する。

...
$scope.doLogin = function(user){
                console.log(user)
                var requestAction = $http.post(loginUrl, user)
                // $http.post は、httpモジュールのpostメソッドで、loginUrlに、userデータを送付するという意味だと思われる。
                requestAction.success(function(r_data, r_status, r_headers, r_config){
                    console.log(r_data) //これは実はtokenをゲットできる!
                })
                // successだった場合の
                requestAction.error(function(e_data, e_status, e_headers, e_config){
                    console.log(e_data) //error
            }
...
  • これで、ログイン画面に戻って操作してみる。すると、user認証ができた場合には、consoleに、Object {token: "eyJ0eXAiOiJKV1QiLCJhbGciOiJIUzI1NiJ9.eyJ1c2VyX2lkI…20ifQ.Quq-mALFfGd09JS9OuxcZqKukY6qniU1RGWoEgoYbmg"}という形で、トークンが表示されて、errorの場合は、表示されない!なるほど、これで認証してるのか!

  • doLogin functionにreqConfigという辞書型のリストを追記する。これはデータをusernameなどの情報をまとめて$http.postなどをするためだと思う。

            $scope.doLogin = function(user){
                console.log(user)

                var reqConfig = {
                    method: "POST",
                    url: loginUrl,
                    data: {
                        username: user.username,
                        password: user.password
                    },
                    headers: {}
                }
  • そして、var requestAction = $http(reqConfig)に修正する!

  • とりあえず、今回はここまでで、次回にcookieの設定やらを完了させるらしい。

  • データバインドと、DIがかなりの鍵だからそこはしっかり押さえておかないとな。

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その4 Backend API Serializer Updates

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その4 Backend API Serializer Updates Actions

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Backend API Serializer Updates

  • 前回は、BackendのDjango REST Frameworkからうまくslugのjsonデータが取得できてなかったので、django rest frameworkのserializerを修正する。slugとimageフィールドを追記する。
class PostListSerializer(ModelSerializer):
    url = post_detail_url
    user = UserDetailSerializer(read_only=True)
    image = SerializerMethodField()
    class Meta:
        model = Post
        fields = [
            'url',
            'user',
            'title',
            'content',
            'publish',
            'slug',
            'image',
        ]

    def get_image(self, obj):
        try:
            image = obj.image.url
        except:
            image = None
        return image
  • 無事表示された〜!そしてviewにもちゃんと表示された〜!

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その3 Post Objects API Integration

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その3 Post Objects API Integration

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Post Objects API Integration

  • http://127.0.0.1:8000/api/posts/にアクセスすると、djangoのデータベースに保存されている、postのjsonデータが表示される。今の127.0.0.1:8000に表示されるデータは、static/json/posts/posts.jsonデータが元になっている。そのため、これをデータベースと連動させたい。

  • まず、js/core/post/post.service.jsを修正する。postのデータの元をdjango rest frameworkのpostsのurlに単純に変更してみる。

// var url = '/static/json/posts.json'
var url = '/api/posts/'
  • http://127.0.0.1:8000/にアクセスすると、リストが表示されない。。。Error: $resource:badcfg Response does not match configured parameterが表示されている。

  • 以下のようにpost.service.jsを修正してみる。

angular.
    module('post').
        factory('Post', function($resource){
            var url = '/api/posts/'
            return $resource(url, {}, {
                query: {
                    method: "GET",
                    params: {},
                    isArray: true,
                    cache: false,
                    transformResponse: function(data, headerGetter, status){
                        console.log(data)
                        return data
                    }
                    // interceptor
                },
  • それでも表示されない。。console.logにはなぜか、htmlが表示されている。なぜだ。。。

  • 理由は、var url = '/api/posts/'を設定しており、/api/postsのページのhtmlデータを持ってきてたからだった。。。ということで、ここには、別のURLを設定する必要がある。

  • app.config.jsを修正する。

angular.module('try').
    config(
        function(
          $locationProvider,
          $resourceProvider,
          $routeProvider
          ){
          $locationProvider.html5Mode({
              enabled:true
            })

          $resourceProvider.defaults.stripTrailingSlashes = false;
  • resourceProviderについては、以下の公式サイトを参照。$resourceの働きを変更するものらしい。

https://docs.angularjs.org/api/ngResource/provider/$resourceProvider

  • $resourceProvider.defaults.stripTrailingSlashes = false;は、Restfulなdataを持ってくるために必要なことらしい。
By default, trailing slashes will be stripped from the calculated URLs, which can pose problems with server backends that do not expect that behavior. This can be disabled by configuring the $resourceProvider
  • これでもまだerrorは出てしまう。。。ただ、logにjsonデータは表示されているので、あと一歩!

  • post.service.jsを修正する。dataをAngular.Jsonで、angular用のデータに修正する。

                    transformResponse: function(data, headerGetter, status){
                        console.log(data)
                        var finalData = angular.fromJson(data)
                        return finalData.results
                    }
  • おおーーこれで、表示されるようにはなった。ただ、titleのURLのリンクが、/blogになっており、うまくdetailページが表示されない。

  • 理由は、djangoREST Frameworkは、detailpageの表示URLがslugになっていたことみたいやな。

'use strict';

angular.
    module('post').
        factory('Post', function($resource){
            // : slug/を付け加える。
            var url = '/api/posts/:slug/'
            return $resource(url, {}, {
                query: {
                    method: "GET",
                    params: {},
                    isArray: true,
                    cache: false,
                    transformResponse: function(data, headerGetter, status){
                        console.log(data)
                        var finalData = angular.fromJson(data)
                        return finalData.results
                    }
                    // interceptor
                },
                get: {
                    method: "GET",
                    // paramsをslugに修正する。
                    params: {"slug": "@slug"},
                    // isArrayをfalseにする。
                    isArray: false,
                    cache: false,
                }
            })
  • app.config.jsのblog-detailの箇所のURLを、修正する。slugをつける。
              when("/blog/:slug", {
                  template: "<blog-detail></blog-detail>"
              }).
  • blog-detail.component.js を修正する。
angular.module('blogDetail').
    component('blogDetail', {
        templateUrl: '/api/templates/blog-detail.html',
        controller: function(Post, $http, $location, $routeParams, $scope){
            Post.get({"slug": $routeParams.slug}, function(data){
                $scope.post = data
            })
  • blog-list.htmlを修正する。id->slugに修正する。
        <a ng-href='/blog/{{ post.slug }}' ng-if='post.image'>
          <img ng-src='{{ post.image }}' class='img-responsive'>
        </a>
        <div class="caption">
          <h3><a ng-href='/blog/{{ post.slug }}'>{{ post.title }}</a></h3>
          <p>{{ post.text }} {{ post.publishDate }}</p>
          <p><a ng-href='/blog/{{ post.slug }}' class='btn btn-primary'>View</a></p>
  • それでも出てこない。。。なんでだ。。。と思ったら、api/postsのデータにslugを表示させてなかったのが、原因だった〜。

  • なので、次章ではこれを修正するらしい〜〜!

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その2 Angular Templates in Django Part 1

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その2 Angular Templates in Django Part 1

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Angular Templates in Django Part 1

  • src/ang/init.py と、src/ang/views.pyを作成する。

  • views.pyは以下のように設定する。

from django.shortcuts import render


def get_angular_template(request, path=None):

    return render(request, "ang/app/blog-list.html", {})
  • templates/ang/app/blog-list.htmlファイルを作成する。内容は、try-angular1.5のblog-list.htmlをひとまずコピペする。

  • また、templates/ang/home.htmlには、try-angular1.5のindex.htmlをコピペする。

  • さらに、ang-srcの、img, js, jsonなどのstaticフォルダを, src/static/に丸ごとコピーして配置する。

  • python manage.py collectstaticで、try-angularからコピーしてきたファイルをまとめる。

  • この状態で、python manage.py runserverしてみる。。。errorは出ないけどまだ空白のページのまま。検証してみると、Uncaught SyntaxError: Unexpected token <という表示が出ている。多分ここのerrorは、djangoでrenderingするときのstaticfileの扱い方の問題だと思われるので、次章で解決する。

Static Files in Django & Angular

  • {% load staticfiles %}を追記する。

  • 読み込みたいstaticfileを'{% static "" %}'で囲む。まとめると以下のようになる。

{% load staticfiles %}
...
    <script src='{% static "js/external/dirPagination.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/app.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/app.config.js" %}' ></script>


    <script src='{% static "js/app/core/post/post.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/core/post/post.service.js" %}' ></script>

    <script src='{% static "js/app/blog-detail/blog-detail.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/blog-detail/blog-detail.component.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/blog-list/blog-list.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/blog-list/blog-list.component.js" %}' ></script>


    <script src='{% static "js/app/utils/confirm-click/confirm-click.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/utils/confirm-click/confirm-click.directive.js" %}' ></script>

    <script src='{% static "js/app/utils/try-nav/try-nav.module.js" %}' ></script>
    <script src='{% static "js/app/utils/try-nav/try-nav.directive.js" %}' ></script>
...
  • これでhome.htmlのerrorは無くなった!でも相変わらず空白のページ。shellは以下のように延々と表示されている。
[21/Jan/2017 23:47:19] "GET /json/posts.json HTTP/1.1" 200 2316
[21/Jan/2017 23:47:20] "GET /json/posts.json HTTP/1.1" 200 2316
[21/Jan/2017 23:47:20] "GET /json/posts.json HTTP/1.1" 200 2316
...
  • どうもjsonファイルの読み込みに問題があるらしい。/json/posts.jsonが読み込めていないので、その部分の読み込みのルートを修正する。該当箇所は、static/js/app/post/post.service.js にある。以下のようにurlを修正する。
...
            var url = '/static/json/posts.json'
...
  • でも、まだ空白ページは続く。。。

Angular Templates in Django Part 2

  • src/blog/blog/urls.pyを設定する。
...
# 普通にviewをimportするだけ
from ang.views import get_angular_template
...
# 正規表現でget_angular_templateのurlを設定する
    url(r'^api/templates/(?<item>[A-Za-z0-9\_\-\.\./]+)\.html$', get_angular_template),
...
  • さらに、ang/views.pyに、以下の通り、itemを表示させるような設定にしてみる。
def get_angular_template(request, item=None):
    print(item)
    return render(request, "ang/app/blog-list.html", {})
  • 上記を設定して、http://127.0.0.1:8000/api/templates/blog-list.templates.htmlに、アクセスする。そうすると、blog-list.templates とshellに表示される。つまり、127.0.0.1:8000/api/templates/blog-list.templates.htmlの、blog-list.templatesの部分がitemとして表示されている。これはurlからviewが取得している。この性質を利用して、urlを設定していく。

  • ang/views.pyに設定する。

import os

from django.conf import settings
from django.http import HttpResponse, Http404

from django.views.generic import View

from django.shortcuts import render

class AngularTemplateView(View):
    def get(self, request, item=None, *args, **kwargs):
        template_dir_path = settings.TEMPLATES[0]["DIRS"][0] #settingsのTEMPLATESのDIRの1番目の要素。
        final_path = os.path.join(template_dir_path, "ang", "app", item + ".html") #templates/ang/app/templateのhtml指定
        try:#templateがある場合は、返す。
            html = open(path)
            return HttpResponse(html)
        except:#ない場合は404
            raise Http404
  • urls.pyを修正する。
rl(r'^api/templates/(?P<item>[A-Za-z0-9\_\-\.\./]+)\.html$', AngularTemplateView.as_view()),
  • この状態で、127.0.0.1:8000/api/templates/blog-list.htmlにアクセスしてみる。。。404が表示されてしまう。Not Found: /api/templates/blog-list.htmlと表示されてしまうので、templateの場所がうまく指定されてないのかもしれない。

  • ang/views.pyのhtml = open(path)html=open(final_path)に修正する。。。表示された!pathが間違ってた〜〜!

  • このままでは、angularからのcontextなどが引き継がれていないので、angularJS側のurlのroutingを修正する。blog-list/component.jsなどなど。

// blog-list.component.js
...
templateUrl: '/api/templates/blog-list.html'
...
  • さらに、app.config.jsも修正する。
              when("/about", {
                templateUrl: "/api/templates/about.html"
              }).
  • 表示された〜〜!

  • まとめると以下のようになるはず。

    • staticファイルをdjangoのプロジェクトに持ってくる。js,img,cssなど。
    • それぞれのテンプレートファイルに、{% static %}を設定する。
    • さらに、javascriptのstaticファイルに関しては、絶対パスでurlを指定する。例えば、var url = '/static/json/posts.json'など。
    • angularのtemplatesのhtmlファイルにアクセスするためのurlは、url(r'^api/templates/(?P<item>[A-Za-z0-9\_\-\.\./]+)\.html$', AngularTemplateView.as_view()),などで設定しておく。
    • angularの各種moduleが、上記のtemplates urlにアクセスできるように、angular関連のjsファイルのtemplateURLのファイルパスを設定変更する。

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その1Django & AngularJS Project

概要

AngularJS1 + Django REST Frameworkに再挑戦 その1Django & AngularJS Project

参考動画

Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Git & Django Project

  • 以下の動画に従って、django projectをgit cloneする

Git & Django Project | Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Downloading Try AngularJS 1.5

  • 以下の動画に従って、angular projectをダウンロードする

Downloading Try AngularJS 1.5 | Django + AngularJS | Coding For Entrepreneurs

Single Page App Template View

  • src/blog/urls.pyの一部をコメントアウトする。viewは、angularJSの方に任せるので, django のviewの部分は削除しておく。
    # url(r'^comments/', include("comments.urls", namespace='comments')),
    #
    # url(r'^register/', register_view, name='register'),
    # url(r'^login/', login_view, name='login'),
    # url(r'^logout/', logout_view, name='logout'),
    # url(r'^', include("posts.urls", namespace='posts')),
  • Templateviewをimportして、angular用のhtmlを指定してみる。
...
from django.views.generic.base import TemplateView
...
urlpatterns = [
...
    url(r'', TemplateView.as_view(template_name='ang/home.html')),
]
  • 上記のtemplate view用のsrc/templates/ang/home.htmlを作成する。中身は空でOK。

  • localhost:8000にアクセスすると空白のページが表示される。これでOK。

  • ただし、localhost:8000/admin のようなURLでも空白のページが表示されるようになってしまっている。urls.pyを少し修正する。templateviewは最後に持ってくる。

urlpatterns = [

    url(r'^admin/', admin.site.urls),
    url(r'^api/auth/token/', obtain_jwt_token),
    url(r'^api/users/', include("accounts.api.urls", namespace='users-api')),
    url(r'^api/comments/', include("comments.api.urls", namespace='comments-api')),
    url(r'^api/posts/', include("posts.api.urls", namespace='posts-api')),
]

...
urlpatterns += [
    url(r'', TemplateView.as_view(template_name='ang/home.html')),
]
  • angularが扱うページは、djangoが扱うapiviewなどの後に持ってくる。